採用されやすくなるメリット

測量士と測量士補の違い

工事の基本になる仕事

工事現場では、測量士という仕事が欠かせません。
測量士は測量法という法律に基づいて、地面を測量するための計画を考えます。
それだけでなく実際に測量し、建物や道路、トンネルを作る際に問題がないのかチェックすることが仕事になります。
道路や建造物を整備する時に、欠かせない基本的な仕事だと思ってください。

測量を間違えると、その後の工事に大きな影響を与えます。
工事そのものが失敗する恐れもあり、かなり重要な立場だと認識してください。
そのため仕事をする時に緊張するかもしれませんが、逆にモチベーションに繋がったり、やりがいを得られたりすることに繋がります。
就職する時に有利になる資格の1つなので、存在を覚えておきましょう。

何ができる資格なのか

測量士の資格を調べると、測量士補という資格もあることに気づきます。
それぞれは似ていますが大きく異なる部分は、測量士は測量計画を立てることができますが、測量士補はできないという部分です。
そのため測量士補は、測量士が立てた測量計画を見ながら、作業を進めることが主な仕事です。
測量士補は、できる仕事が限られると覚えておきましょう。
そのため最初は測量士補の資格を得ても、最終的に測量士の資格も得た方が良いです。

測量する際は、カメラのような機械を使います。
ですから機械の扱いが好きな人や得意な人は、スムーズに仕事を進められるでしょう。
また機械を操作する際は、優しく扱ってください。
雑に扱うとすぐに壊れて、計量できなくなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る