採用されやすくなるメリット

環境にダメージを与えないように

どんな環境なのか調べよう

名前の通り、環境に関する数値を計量するのが環境計量士の仕事になります。
主に大気や水中にどのくらいの汚染物質があるのか、また周囲の騒音や振動の大きさを計ります。
あまりにも環境が悪いところでは、人間の生活や身体にダメージを与えてしまいます。
そのような場所に建物や道路を作っても意味がないので、別の場所を考えなければいけません。
つまり工事ができるかどうかを調べる時において、非常に重要な存在です。

もともと環境計量士は、計量士という名前で呼ばれていました。
しかし計量法が改正された時に、一般計量士と環境計量士と区別するようになりました。
一般計量士は環境とは一切関係なく、ものの重さや長さを正しく計測することが仕事です。

必ず1名は必要な存在

あまり名前を聞いたことがない資格ですが、1つの事業所に1名は環境計量士を置く決まりです。
ですから工事関係の企業から存在を求められることが多く、資格を持っていることが大きなアピールポイントになります。
特に総合的に工事を請け負っている企業に就職したい人は、ぜひ獲得しておきましょう。

ちなみに環境計量士の資格は濃度と、騒音や振動の2種類に分けられています。
片方だけ持っていてもできる仕事が限られてしまい、あまり良い効果を発揮しないので注意してください。
就職に役立てたいなら濃度と、騒音や振動の2種類の環境計量士の資格を獲得するのがおすすめです。
たくさん勉強すれば、どちらもスムーズに試験をクリアできると思います。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る